MENU

出会いをモノにするには「ギャップ」を使え!

女性が異性からモテるためにはやはり、なんといってもその見た目と第一印象ですが、
それが武器として活用できない場合は次の一手をかんがえなければなりません。
すなわち他のひとにはないアッと思わせる、「ギャップ」です。
男性はこのギャップに弱いといわれていますが、ここでその代表的なモテるための強みとなる「ギャップ」を
挙げていきましょう。
次に貴女に訪れる出会いのための参考にしていただければと思います。

 

まずメールでの印象

メールは出会いのきっかけとなることが多いですし、また気になる相手との次へのステップともなる
大切なツールです。
男性の意見では普段みんなといる時にはちょっとクールだったり、姉御肌だったりする女性がいざ自分とのメールとなると、
絵文字をたくさん使った可愛らしい内容だったり、趣味が意外に可愛かったり、また家では家事が大好きだったり
するとさらに好印象とのことです。
自分とのメールでだけみせる誰も知らない貴女、というのは優越感を刺激するのかもしれませんね。

 

ONとOFFのギャップ

普段みんなで遊んでいる時などは、天然ボケでのんびり屋なのにいざ学校では成績も優秀で
仕事もバリバリこなす…なども男性の心を掴みます。
「実はデキるやつ」というのは、実は頼りになりますし誰にとっても悪いイメージはありません。
普段の自分が男性からもたれているイメージとは違う趣味や、特技をみつける努力をしてみるかもよいかもしれません。

 

書き文字もちゃんとみられています

おおざっぱな性格なのに、仕事の書類や手帳に書かれている文字はとても綺麗、
もしくはキュートな丸文字。
スマートフォンが発達した今の時代でもこれはかなり効果的です。
結婚式に出席してサラサラと美しい署名をしている様子は、垣間見える教養あるオンナアピールが可能。
文字はちょっと自信がない…なんて方はペン習字講座等をとって今からでも学んでみてはいかがでしょう。

 

内なる弱い部分をみせる

勝気な性格と思われているなら、実はひとりだと寂しいとか怖い話が苦手など、
ちょっとだけ自分の弱い部分をみせる方法もあります。
ここでポイントなのはあくまでちょっとだけ、というところ。
男性からは友人や知り合いだと思っていたのに、弱い部分をみて守ってあげたくなったという声も。

 

ただ難しいのは下手にアピールしすぎるとうざがられるので、勝気な性格のまま弱い部分を出す、を忘れずに。

 

終わりに

ここまで読んできていかがだったでしょうか。
見た目のギャップから内面のギャップまで、すぐに全てを実践するの難しければ出来そうな事から
始めて異性との出会いに生かしてみましょう。
その反応でまたアピールの方法にも磨きがかかるはずです。
良き出会いが訪れるよう備えはするに越したことはないのですから。