MENU

二度と嫌だ!男性からの印象が最悪になるデート中のNG言動とは

何度かデートをしたのにもう誘ってくれない・・・自分から誘ってみても「今、仕事が忙しいから」とすげなく断られたり、言葉をにごされた経験はありませんか?

 

男性は女性とのデートをした時、頭の中で思い描いていたような感じにならず、想定外の結果に終わったばかりか、嫌な思い出しか残らなかったら、もうデートは勘弁!と振り向いてももらえなくなります。

 

そこで、男性が嫌がるデートでのNG行動をアドバイスしますので、自分の行動を振り返ってみましょう。

 

 

●二度と嫌だ!男性からの印象が最悪になるデート中のNG言動とは

 

1・せっかくのデートプランにダメ出ししたり、グチグチ文句を言う女

初デートにデートプランをしっかりと立てて、少しでも喜んでもらえるようにと頑張ってみたものの「そんな所行きたくない」「疲れてきちゃった」など、ダメ出しばかりして文句ばかり言っているようでは、男性の心がつかめるはずがありません。

 

もしも彼の計画通りにデートをしていて、あまり自分の気持ちに沿わないようなプランだった場合、彼の気持ちを考えながら「遠くじゃお互い疲れちゃうから、近場で思いっきり楽しもうよ」など、代替案を出したりと、傷つけないように配慮しましょう。

 

 

2・女の「何でもいい」はかなりのクセ者

どこに食事に行く?と聞いて「何でもいいよ」と言いながらも、男性からの提案に「そこはイヤ」とバッサリ切り捨ててしまう女性がいますが、これでは嫌がられても当然です。

 

「何でもいいよ=どうでもいいよ」という捉え方もできますし、何でもいいといいながらもイヤイヤばかり言っていると、どんなに温厚な人でも「どうしたいんだよ」とムッとします。

 

女の何でもいいは「私の気に入る物なら何でもいい」という場合が多いのがクセ者ですが、本当にイヤな場合なら「私は○○に行きたいけど、○○君はどう?」と自分の意思や相手の意見も尊重することが必要です。

 

 

3・いい雰囲気だったのに、いざとなるとシャットアウト

夜のデートで食事も満足、お酒も入っていい雰囲気になって「今日はイケる」と、思い切ってホテルに誘ってみたのに「今日はそんなつもりじゃなかったのに」と、さっさと帰られてしまうと、そこまでに使ったお金や時間、そして盛り上がった気持ちが台無しになったと感じ、もう誘いたくなくなります。

 

思わせぶりな態度でモテ女を演じてみても、そのつもりじゃないならさっさと他の女性の所へ行ってしまいますので、お酒も飲むようなデートなら最初から断るようにしましょう。

 

おわりに

男性は女性をリードしたいと考えていますので、デートの時にはかなり気持ちにも気合が入っています。

 

デートには応じたものの、女王様気分でワガママを言ってみたり、男性の気持ちや経済的な負担を考えない女性は、今の時代の恋愛では嫌われてしまいます。

 

ワガママでもカワイイとチヤホヤされるのは若い頃だけで、ある程度の年齢になると誘われもしなくなりますので、その辺りを心得ながらデートを楽しんでいきましょう。