MENU

好きな人の過去が気になったときの2つの対処法

誰かを好きになったとき、気になることのひとつに「いままで彼が付き合った彼女」について考えますよね。
どこで出会って、どんな風につきあって、どうして別れたんだろうって想像しちゃいますね。
知りたいような、やっぱり知らないほうがいいのか、悩んでいる人に2つの対処法を教えます。

 

1.聞き出す友達を慎重にえらぼう

彼と仲のよい友達に聞き出してもらえば、これまでのことをたくさん知ることができるでしょう。
もしかしたら1番手っ取り早い方法かもしれません。
でも、ここで気をつけないといけないのは、友達が聞き出すときに、どれくらい「さりげなく」できるかです。

 

万が一にも、あなたの名前をだしたりしたら、即アウトですね。
彼はあなたを意識して「自分のことが好きなのだろう」と考えるでしょう。
そうなれば、あなたの気持ちが友達によって伝わってしまったことになります。

 

当然、彼はあなたのことを意識するようになります。
過去にどんな彼女がいたのかを知ったうえで、今後のアプローチを考えていたのに、先に言われてしまったら台無しです。

 

最悪の場合、彼に警戒されてしまって、告白するタイミングを逃してしまうかもしれません。
ですから、いくら仲が良くても、なんでもストレートに話してしまう人には、頼まないように気をつけましょう。

 

2.彼の好みのタイプをさぐる

この方法は少し勇気がいるかもしれませんが、彼の反応を直接みることによって、好みのタイプがすぐに分かります。
人は無意識に、同じようなタイプの異性と付き合ってきたことが多いからです。
ですから、この方法にチャレンジできれば、彼の好みの女性を大体ですが知ることができます。

 

まずは、男性の半数以上が「感じがいい」「キライではない」という、ごく一般的な女性の態度で接してください。
おそらく意中の彼も、好きとまではいかなくても、嫌悪感を感じることはないです。
しばらくは、少し控えめで、おっとりした雰囲気のキャラをとおしてください。

 

次に、彼の家族や趣味の話を「さりげなく」聞き出だすようにキャラを少しずつシフトします。
これまでよりも、ほんの少しだけ「自分のことを知りたいのかな」と思わせるために、おしゃべり好きなキャラになるのです。

 

この段階で、彼はあなたのことを「好きになったら積極的なのかも」と感じるでしょう。
彼が自分のことをあまり聞かれたくない様子なら、女性から告白されるのはイヤなタイプです。
反対に、それがきっかけで、話しやすい様子になれば、女性からの告白でもOKだといえます。

 

おわりに

彼の過去が気になったときの対処法はいかがでしたか?
友達に聞いてもらうのも、自分でキャラを装いながら知るのも、どちらも途中で気持ちがバレてしまうかもしれません。
そういう意味では、どんなに知りたくても「過去は過去」と割り切って前向きになるのが1番です。
今の彼と今の自分を大切にしながら、どうしても気になったら、この方法を参考にしてください。